人気ブログランキング | 話題のタグを見る

湿度で髪が爆発する悩み解決・植物100%で確実に道は開けるよ♡

日本の湿度は、いかがですか?


今回は湿気で髪が広がるなどの悩みに

ヘナをおすすめする理由にスポットを当てたいと思います。


ヘナは白髪を染める目的だけではありません。

オレンジ色に見えるヘナの成分は多くの薬効を秘めていることをご存知でしょうか。



湿度で髪が爆発する悩み解決・植物100%で確実に道は開けるよ♡_a0171939_20370954.jpg



まず、湿気と髪の現象に注目しますと、


例えば雨季時期は、

湿気によって髪の毛が膨張したり癖毛が強化されたり

根本から短い毛が立ってしまったりパサつきチリつきゴアつきが出たり、

スタイリングしづらい時期でもありますね。


それは、髪のキューティクルが湿気によって膨張してしまうからで、

こういう時期に

髪を軽くカットし

毛量調整で毛の隙間を作るほどスタイリングが困難になり

爆発しやすくなる場合もあります。


サロン現場では、

毛の特徴や外的要因を問題としないように、

薬液で毛を手術し、

髪のお手入れがしやすく再現性が取れるようにしていきます。


毎朝のことだから

簡単に形を再現できるよう整えておきたい、

自分に似合うようなスタイルにしていきたい、


これらの想いを可能にするのは、

美容師としても

薬品に頼ることでヘアスタイルが作られるのであって、

薬液を使って施術を行うことが普通ですよね。



しかし、


お客様の本音としては、

ストレートパーマを何年もかけてきてる、本当はやめたい、

毎年続けている薬液のヘアケア方法、、、このサイクルを終わりにしたい、

もう矯正をかけず自然に自分の癖を生かしてヘアスタイルを決めていきたい、


などなど、

お客様自身の『本音』という切実な想いが隠れてる場合があります。






薬液でできることの限界と天然素材でできることの可能性



私自身の経験談にはなりますが、

薬液から外れて、

ヘアケアについて考える機会があったのでシェアしたいと思います。



薬液で施術をしているとデザインの限界に出会うことは、あります。

新商品が出てきても、中身が変わっただけで、

髪へのダメージや頭皮への影響など状況は変わらずですから、


それを打破したい思いで

新たな提案をしてみる中で、

お客様の心境的にも方向転換や

新たなチャレンジをしたい方が多いというのも驚きでした。


ヘアケアの冒険@アドベンチャーな方も多いですね ♪



私自身は様々な背景により、

美容師として薬液やカットのみではなく、

天然素材の扉を開くことになったのですが、


歴史的にも実績があるヘナを選んだときは、

お客様の協力とチャレンジのお陰で、

年単位で梅雨時期に向けた髪とヘナの相性を観察してできました。



それを通しての気づきは、






①湿度で髪が膨張しづらくなった


1度目よりも2度目、2度目よりも3度目よりも4度目よりも5度目…という具合で、

ヘナを髪につける回数によって、

変化は比例していくのが髪とヘナの融合ポイントであり結果を得れる仕組みです。



自然のサイクルはじわじわ浸透すること、

そして

ヘナのベールが重なることで髪の毛が包み込まれいきます。

塗布回数が多い方が髪質が変わるのは自然界の植物だからですね。

個人的には髪に対する漢方のように捉えるようになりました。

なぜなら、結果的には、

髪の現象@湿度で膨らむ毛は、いとも簡単に膨らまなくなり、変容を遂げていくからです。

※ 薬液による髪のダメージや日用品の影響による髪の状況で結果を得れるタイミングは個人差は出ます。


日々しっかりと自分の髪と向き合ったり観察をしてきてる人は、

実体感としてヘナによって髪質が変わるのがわかると思います。




②ヘナは癖毛を扱いやすくして自然に生かしてくれる


100%言い切れることは、

薬液の時の髪に受けさせる影響とは全く違うので、

私がイメージしていることを遥かに超える結果を得た方もたくさんいました。


例えるならば、

・頭皮の疾患が治る、

・癖毛へのタブー視していた観点が変わる、

・髪に対するネガティブもポジテイブも、ご自身の捉え方や気持ち自体が変わる、

・癖毛を生かした新しいヘアスタイルにチャレンジするようになる、

・日常のヘアケアが楽になり手入れがしやすくなる、

・シャンプーの回数が減る、

・ヘアケアにかける時間、お金、担当美容師が変わる、

・似合うカットやスタイルが変わる、色々冒険できるようになる、

・食するものと同じ目線でヘアケアができることに安心感を得れるようになる、

・心地が良くてストレスにならなくなる、

・リラクゼーションとして習慣化する

・頭部に対する考え方が変わり、精神と体と髪の繋がりが認識できヘアケア法自体が変わる、などなど


ヘナからの恩恵は髪のみの気づきの結果ではない場合も多く、

サロン現場でのお客様からの変容とライフスタイル的気づき、

ヘアケア美容に関する気づき、心の癒しに関わる気づきも含め、

正直、数知れずでした。



美容師としても薬液を使わないというのは、

薬液のアンモニア臭から離れるため

サロン現場の空気がクリーンに保たれ、

一日サロンで働いた後の身体的疲労感は全く違うものです。

それも驚きでしたね。




③オーダーメイドでヘアケアができる喜び、美容法が自分のものになっていく喜び


様々な状況でヘアサロンとのお付き合いは日常的なものだと思います。

しかし、

いろんな現状がありヘアサロンに足を運べない場合もありますよね。


そういう状況下でも、

自然界にも人にも優しく寄り添うことができる素材としてご活用いただけます。


今回はヘナにスポットは当てますが、

ヘナは家でできるヘアケア素材の女王のようなレベルにある天然素材です。

髪の毛との相性は抜群です。


材料はヘナと水分があれば十分。

オーダーメイドとは、

ハーブやアロマを加えたり、

お風呂に入りながらリラクゼーションでできたり、

ご自分の好きな時に好きな素材を合わせて慈愛の時間で

髪をケアできますし、

逆に忙しい時には一石二鳥。

料理してるときや掃除してるとき、

パソコンの前でリモート中でも

手軽に頭部や髪の毛にパックしながら染めたりトリートメントしたり

植物のエキス自ら働いてくれます。


ヘナについてご存知ない方や

ヘナへの誤解もまだまだ、聴きますね。。。


私が関わってきた中で掴んできた事実ではありますが、

いろいろいとお伝えしていけたらと思います。





今日はここまで♡


湿度で髪が爆発する悩み解決・植物100%で確実に道は開けるよ♡_a0171939_20365466.jpg





karip yuka




# by karipnews | 2021-06-28 19:31 | 湿気で髪が広がる場合のヘアケア方法

緑の鈴@グリーンネックレス


和名は『緑の鈴』

学名は『Senecio Rowleyanus』

このコロコロした葉を持つ多肉植物は、

グリーンネックレスとも呼ばれていて、

小さなふかふかのお花も咲きます。

甘い香りがするよー




緑の鈴@グリーンネックレス_a0171939_23491438.jpeg

大きくなって垂れているので

エスプレッソのカップに株分けしてみた。

アフリカ出身の植物だからお水はあまり与えないで大丈夫。

丸い葉に透き通ってる筋が入ってて手毬みたい。

ピンクの筋が入ってるものもあるのよね。


緑の鈴@グリーンネックレス_a0171939_23483721.jpeg
時々、

リビングとか部屋の隅に、、

緑のコロコロ丸い葉が転がってて、、、、

およおよおヨヨ!いつの間に!


愛猫のおもちゃになることもある126.png





猫の手の届く場所に置かないこと!






どんどん増やしていきまっす♡






karip yuka



# by karipnews | 2021-06-07 00:03 | 植物の小さなお部屋の巻@LoveGree

種麹で麹生活


麹菌が届いた!



先月はエストニアからプレゼントが届きあけてみたら日本の種麹!



そこから『抱き麹』というものを紹介してくれてチャレンジし、大成功を遂げました!


皆さん、抱き麹って知ってる??






参考まで↓



これやってみて〜意外に簡単でびっくり。


最近は、豆乳の保温期があったから、それで少量づつ作るようになって。


でも種麹を抱っこしてつくるのは面白かったな。


鶏が卵温めるような風貌の私でした笑





海外生活で、日本食を手に入れるにしても


クオリティの部分でお値段出してもガックリくることも多く、


手作りすることが増えているw。




その一つで、


本格的に日常で海外でも自作で米麹をクリエイトすることができるって感動だった。


手に入らないものはなくていいのさーなんて思っていたけど、


素材素からなら、、、作れるんじゃん!っていうことに気がつき始めて。



日本から米麹を送るのも、


海外のショップから購入するのも、、高い!そして

届くまで日にちかかり過ぎ(イタリアは特に!)無理!!



種麹から作れたらお米蒸して発酵熟成させたらええやん。


色々と夢が広がってきたどぉ〜。


今月は日本から友が種麹を届けてくれたよ。


黒胡麻せんべいも、干し椎茸も、干し大根も、、、、。


日本食が大好きなので、和食が多い。


あのね、豆腐も売ってるの、、

でも、、まじクソまずい。。。涙



次は豆腐も素から作る計画中。




今は、



早速、お米から麹菌を拵えて、塩麹を作り、甘酒も。


日本の菌も海外の菌も大統合し栄養となり巡り順応していく。


海外も発酵文化はあるよ〜根を張ってるものがあるある。



ありがと~自然界のロゴス!!



種麹で麹生活_a0171939_23423547.jpeg




karip yuka


# by karipnews | 2021-05-31 01:21 | 麹生活

ツバメのファミリー到来です

数日前から、ツバメが巣を作りに我が家に来ている。


日本の家もイタリアの家でも♡♡



日本の家では、

庭の木に他の小鳥達も巣作りしてるようで♪


さすがに、

我が母、枝木の剪定をやめたそうですよ110.png





イタリアの家では、

私は、なんと、、、、

ツバメの巣を作らせないように、対策を練っている最中でっす。




なぜか、、


その理由は3つほどあり、


私が注目していることは、、、






1つ目は、


車庫のガレージのドアの取手の上にツバメさんは巣を作ってしまうこと。


ドアが開くたびに巣が壊れてる、、、その繰り返し。151.png






2つ目は、


ツバメの家族をハンターする猫がいること。


野良猫ではないのだけど、義理父が愛している3匹の猫が家の外・敷地にいるんですね。

猫の本能でツバメ狩りをしてしまうという。。。。危険で極まりないこと、、149.png






3つ目は、



「何をやっても無駄だよ、動物のDNAだから。どんなに危険でも自動的にここの場所へ戻ってくる」


という、家族のツバメに対する捉え方。



その通り。これは鳥@ツバメの本能だから。



ツバメを守ろうと色々やってきたのですね。。

その結果、家族のこう言った発言ではあるんだけど、




この言葉は、私にとって、

「諦めだね、あなたたち。まだできることがあるのに、何言ってんの?」ってなるのですねー(笑)

どうにか問題解決しようと、一生懸命な私の男性性がムクムクと出るわ出るわ(笑)


ついつい言語に反応するのです、よっ(笑)




誤解が起きないように付け加えると、


男性性が悪いという話ではなく、


そもそも

人間の本能・機能=一般的に捉えられている


男性性と女性性とは

人間の機能のことであって

それはその役割があると思っています、が、



それを踏まえた上で、

視座をもって考えれる力量や間合いというものを大事にしたい。


なので、機能的にその逆側の女性性というのに止まるという話でもない想いです。




家族のこう言った捉え方を一旦受け止めた上で、


私の姿勢そのものの課題だなぁと気づきをもらっています。





ツバメのファミリー到来です_a0171939_19293582.jpg

日本ではよくツバメの巣と出会ってきてました。可愛いでしょ♡

ドアのぶではなくて、

こうやって木の中に巣を作ってくれたらいいのになぁ。。。。






小さな命が育めるように環境を整える、、、

または、

違う場所に巣作りするように移動してもらうように促す、、、





毎年ツバメ家族が危険なところに巣を作りに帰ってくるという負の連鎖を断つ、、、


ここに手を差し伸べるという現実的テーマ。



ツバメの巣に関しては

すでに色々対策を練ってやってきてたようで、

今はそのツバメの運に任せてしまうと。


色々やってもやっても毎年ここに帰ってくるツバメさんファミリー。。。



去年は、

一羽、、、、猫ハンターにやられてしまってね。

ショックだった。。。。



もう帰ってくるなって言ったのにーーーーーー。



やっぱり、、、

今年も帰ってきちゃったツバメ達、、、145.png涙。







でも、




ハンターする猫も悪くない、

巣作りしてるツバメも悪くない、

動物の運命だから、、って諦める人間だって悪いことでは、ない。



そもそも

本能が重なり合うとはそういうこと。






今日も、

家族間でツバメ会議をおこなってみました、が、

意見が分かれる、笑。



人間だけが

本能に任せて生きる生命体ではないからね〜




たかがツバメ173.pngされどツバメ173.pngです、私の宇宙にとっては109.png



時を共に重ねつつ

対話していこうと思います♪






続く





♡ pure ♡





karip yuka


# by karipnews | 2021-05-24 04:13 | ツバメの家族

髪を美しく保つ素材について




髪の毛を綺麗に美しく保つに目覚めて、



日用品のヘアケア素材も

いろんなものを試すのが、好きです♪


商品いろいろ、現象いろいろ。





排水溝から海に流れる時点と、空気中で発生する成分という視点から


自然界へ還るもの、成分の分解がいち早く起こるもの=生態系の負担ではなく底上げでありケアが同時に起こること



髪を美しく保つ素材について_a0171939_02321520.jpeg




そういった素材の活用を

髪に対してもしていたいという想いが真髄にあるので、



判断基準はこだわりが出ますが、



人間の私たちが発見し発明してきたものの価値も

興味があるため


たくさん試してきた過去もあり




美容師という仕事はそんな人間が人間を満足させたい!

綺麗という形を作り上げていくための


発明薬品との出会いとチャンスに溢れています。



髪を美しく保つ素材について_a0171939_01253962.jpeg

in Morocco






私の幼い頃から育ってきた環境も


母から得てきた私への道徳心や教育方針も


根底にあるのが自然の仕組みや生命の成り立ち宇宙自然のロゴスにあり


天然素材への価値観@自然派思考へも直結しています。


これは思惟とも言えます。




現代の美容師業界には200%天然素材によるメカニズム的思考はありませんので、

(学校教育という視点において、です)


技術の振り幅は、天と地というくらい格差があります。


(どちらが良いか悪いかの話ではないですよ、違いを顕在化したく表現しています)








薬品も扱い方があり技術が必要です。


天然素材も技術も必要と言えますが、


何よりも感覚センスがどこまでつながってくるのか


または拡張できるのか



全体性へ自然と着目していく美の道です。



そもそもの概念に触れていくことになりますから



自然界の技と美容師の技が影響し合うでしょう。









その価値に深みと幅があり方向転換。





16年くらい前だったかなぁーーー


本格的に薬品を使わないで髪を美しく保つためのことを始めてきました。




泥というのも世界中にあり


太陽光を浴びた大地のミネラルはたっくさんありますよね!





そんな素材の仲間の一つに


モロッコのガスールという泥がありますが、


今はとてもポピュラーに宣伝も出ているのでご存知な方もいらっしゃると思います。



ヨーロッパにきたらモロッコとの地理的距離が近くなりました。



モロッコとの交流は私の人生で影響を与えてくれた国の一つで、


今も心が向きますね。








ガスールは、

モロッコから個人で輸入してるものと、



イタリアのマーケットで手に入るものもあって、



ヘアケア & 全身ケアして楽しむ日常を続けています。








本当に、



全身の皮膚、頭皮、髪の毛に、


素敵な影響を与えてくれる素材です。




自然なステップでサラサラ艶々とプルプルに


巡り合わせてくれる天然100%の結晶です。






髪を美しく保つ素材について_a0171939_18231760.jpg




使い方はとてもシンプル。


500mlくらいのお湯に


小さじ半分〜1杯くらいを溶かし、


頭と髪の毛にそのエキスを流しつけていきます〜。


先にお湯で頭部と髪の毛は

しっかり洗い頭部全体のベースを濡れてる状況にして準備して


ガスールのエキスを全頭全髪へ贈ってくださいね。




恩恵をいただける成分は、




ポイントは、この3つ。



1、ガスールの天然成分であるケイ酸マグネシウム。

皮脂や汚れを吸着してくれる。

体験できるので自然に変化に気付ける。




2、抗菌作用。

皮膚に必要な常在菌は取りすぎないので、

しっとり仕上がり、清潔感ある髪質になっていく。



3、ミネラルも豊富。

頭皮はスッキリ、髪の毛もサラサラ、皮膚の保湿も弾力も出てくる。







日本は本当に、いろんな商品があるので、


純粋なガスールを使いたい場合は、


ガスールを取り扱ってる大道のショップのものの購入をしましょう。





パウダーをお湯に溶かして使用するのだけど、


洗髪に使うときは、


洗い残しになりやすい後頭部など、


よくよ〜くしっかりと洗い流してね〜♪



ミネラル成分が髪に残る場合は


コワコワ感が出る時もあるので、ね。







では、see you next time ❤︎




karip yuka








# by karipnews | 2021-04-29 19:16 | 髪を美しく保つ素材